本文へスキップ
本場でタイ式ヨガを学ぶ

タイ式ヨガ ルーシーダットン 


「ルーシーダットン」ってご存知ですか?
私は何となく耳したことはあったのですが、よく知りませんでした。
「ルーシーダットン」とは、タイ語で「仙人体操」と呼ばれる、古くから伝わる健康法だそうです。
タイ語で「
ルーシー(Rue Sri)」は仙人、「ダッ(Dat)」はストレッチ、「トン(Ton)」は自分という意味を表します。
「ルーシダットン」のポーズは一説には120あると言われるそうです。
スコーカルチャラルスパでは60分間で、瞑想から始まり、22ポーズをし、瞑想で終わるプログラムになっており、美肌マッサージ、顔・お腹・下半身・腕やせ、ヒップ・バストアップのストレッチができます。

まず更衣室で着替えですが、上はしゃがんだ時に前が開いてしまうので、
Tシャツの中にレオタードなどが良いでしょう。
着替えが済んだら、アクティビティルームへ移動。
ヨガの時に使用する緑のマットが敷かれています。
インストラクターの方と挨拶をし、「ルーシーダットン」のスタートです。

まずは瞑想。
「ルーシーダットン」を行う際、呼吸方法が重要なポイントになるので、瞑想しながらゆっくり長く呼吸することを
覚えます。そして顔周辺のマッサージから。手のひらやうらで、右から左から顔をなぞっていきます。
化粧をしたままだと汚れるので、ノーメークの方がよいかもしれません。
(私は化粧をしていたのでちょっと気になりました)
リンパ腺と筋肉に刺激を与えることにより美肌をつくるそうです。

顔周辺の次は、腕・腰・わき腹へ。
立ちながらやる足のストレッチのあたりでは、けっこう痛さを感じ、これは効いてる〜と嬉しくなりました。
「長寿のポーズ」というやつがちょっと変な格好なんですが、これが特に効きそうです。
寝た体勢で首やヒップのストレッチをし、瞑想で終了となります。

自分の部屋でやるストレッチとは違って、外から聞こえてくる鳥の囀りを聞きながらのストレッチは格別。
「ルーシダットン」が終わった後は気分爽快!!
その夜はぐっすりと寝れました・・・。

通常は先に受付で日本語の説明書がもらえますので、それを見ながら受けられます。
終了後は持ち帰れますので、帰国後もOK。私も今回頂いてきたので、近いうちに
ヨガのマットでも買って、シェイプアップに励もうと思います。

========================

●日本語で学べる ルーシーダットン ベーシックコース 2時間
料金 500バーツ

*スアイタイカルチャラルセンターにて。
*講習は15時から17時の2時間になりますが、時間が取れない方はご相談ください。
*上記料金には、送迎は含まれておりません。ご希望の場合は、一台1200バーツにて
手配可能です。
*上記の一回体験コースのほかに、基礎コース5日間コースもございます。
基礎コース内容 : ルーシーダットンの基礎、呼吸法、瞑想、準備運動、準備運動と
1日約14ポーズのトレーニングです。(5日間)
*中級、上級、インストラクターコースもございます。レベルに合わせて講習をご相談ください。


ムエタイ体験(タイボクシング)
 

  

 古代タイボクシング、ムエタイの歴史書は200年前から記録されていますが、
実際は何千年もの前のサイアム王朝期に考案され発展したといわれています。
兵士が刀を使用していた時代に戦場での戦いのために考案された、武装無しの自己防御法です。
そのテクニックと道義は

1) すばやく確かな方法で交戦を終わらせる。
2)エネルギーを最小限に抑える。
3)怪我を最小限に抑える。

というものです。

=======

●ムエタイ1時間レッスン 400バーツから


*サイアムムエタイアカデミー施設内にて。
*上記料金には、送迎は含まれておりません。ご希望の場合は、一台1200バーツにて
手配可能です。